飲酒翌日の運転

飲酒をした次の日、体調が悪ければ車の運転は控えましょう

ほんの少しの距離なら大丈夫だろうと思って、飲酒をした直後に車を運転してしまうということは、絶対にやってはいけないことです。しかし、飲酒することによって気持ちが大きくなり、「自分は運転に自信があるから大丈夫だ」とか、「ちょっとの距離なら見つからないだろう」なんてことを考えがち。ついつい魔が差してしまうこともあり得ることです。

特に気を付けたいのは、前日に飲酒をしてから就寝したものの、アルコールが抜け切らない状態で次の日の朝に車を運転し、たまたま事故を起こして警察官に呼気検査を受けさせられ、アルコール基準値を上回っているということで、飲酒運転が発覚するというケース。「もうアルコールが抜けただろう」という過信は危険なことで、自分の体調はしっかりと把握したうえで自動車運転をしてほしいところです。飲酒運転による自動車事故は近年非常に増えたように思いますが、何も今に始まったことではなく、昔から多くあったことです。ただそれが最近になって騒がれ始め、現在では厳罰化して取り締まりを強化している状態です。

飲酒運転が発覚すれば現行犯逮捕されてしまうだけでなく、職場や家族にも迷惑がかかり、場合によっては職を失うことにもなりかねません。自動車を運転する人であれば、常に飲酒運転防止を心掛け、飲んだ次の日、少しでもアルコールのせいで身体がだるいと言った状態であれば、車の運転を控えることをお勧めします。